マルウェア感染早期発見サービス EISS(アイズ) 資料請求

マルウェア感染早期発見サービス EISS(アイズ)

EISS アイズ

ウイルス対策ソフトの限界通常のウイルス対策ソフトではもう防げない!

検知できるのは、もはや50%未満!

通常のウィルス対策ソフトはパターンファイル、いわゆる犯罪者の指名手配書を毎日更新して、その手配書と同じプログラムが送られてきたかどうかでマルウェアを判定します。しかし、昨今においては一日あたり平均で数10万~数100万種の新種や亜種のマルウェアが生まれていると言われ、また96%以上のマルウェアは1回で使い捨てという報告もあり、パターンファイルに依存する従来のウィルス対策ソフトではもはや半数以上のマルウェアを防ぐことが出来ない状況と言われています。このような環境下においては、攻撃された後のアクションが重要になってきます。

情報漏洩の現状自社では情報漏洩に気付くことが出来ず、知らないあいだに被害が拡大

EISS(アイズ)について

 EISS(アイズ)は、エンドポイントにおける操作を定期的に記録・分析することによりサイバー攻撃の痕跡を示し、「低コストで自ら早期発見できる状況」を作り、早期の対処による被害の軽減化を目的とした事後対策のためのソフトウェアです。

EISS (Endpoint Incident Scanning Service)
⇒エンドポイントにおける操作を記録、分析を行い、情報漏洩等の被害の可能性に気付かせ、早期の事後対処アクションに繋げる。

EISS(アイズ)の特徴

1 不正アクセスの痕跡の早期発見

マルウェアの早期発見に特化し、マルウェアそのものではなく、マルウェアが悪意的に行うアクションや挙動を検知します。また既に導入済みのウィルス対策ソフトと併用することで総合的に強化します。

2 必要なデータの保全

実際にセキュリティ被害を受けてしまった際の対処(フォレンジック)に必要となるデータのスナップショットをお客様に代わり保持し、感染後の対応を支援します。

製品の全体像EISS(アイズ)の運用イメージ

お問い合わせ・利用申し込みはこちらから