株式会社セキュアイノベーション

Menu



車載セキュリティサービス

車載セキュリティの必要性

昨今、社会基盤の整備と共に、より便利でより快適な利用を目指した5Gや自動運転の技術向上に伴い、外部との通信や、様々なデバイスと接続する機器等が搭載され、それらのセキュリティ対策の必要性も高まっております。

当社はこれまでに得られた知見を基に、専門チームによる車載に対するセキュリティ評価・診断をご提供いたします。

車載セキュリティの概要

自動車におけるサイバー攻撃のリスクから、サイバーセキュリティ対策の必要性が高まる中、UNECE(国連欧州経済委員会)の作業部会WP29(自動車基準調和世界フォーラム)が2020年6月に採択したのがUNECE規則となるUN-R 155 ( サイバーセキュリティ:CSMS)、 UN-R 156(ソフトウェアアップデート:SUMS)です。

UN-R 155 / UN-R 156 の概要

UN-R 155
サイバーセキュリティマネジメントシステム(CSMS) / 車両型式
各工程(設計・開発・生産・納品・納品後)においてサイバーセキュリティの適切さが担保されているか、車両のリスクアセスメントおよびリスクへの対処・管理を行うとともに、セキュリティ対策の有効性を検証するための適切なかつ十分な試験を実施していることを主な要件としている。
UN-R 156
ソフトウェアアップデートマネジメントシステム(SUMS) / 車両型式
ソフトウェアアップデートの適切さが担保されていること、危険・無効なソフトウェアアップデートの防止やソフトウェアアップデート可能である事の事前確認等、ソフトウェアアップデートの適切な実施が確保されていることを主な要件としている。

UN-R 155 / UN-R 156 の適用

2022年7月に新型車、2024年7月にすべての新車(継続生産車)を対象にUN-R 155とUN-R 156が義務化となります。

今後、UN-R 155やUN-R 156の要件を満たすことが必須条件となります。
要件は、自動車メーカーに求められますが、かかわるすべてのサプライヤーにも同じセキュリティレベルが求められます。

無線によるソフトウェアアップデートに対応している車両
新型車  2022年7月1日
継続生産車  2024年7月1日
無線によるソフトウェアアップデートに対応していない車両
新型車  2024年1月1日
継続生産車  2026年5月1日

ISO/SAE 21434の概要

UN-R 155、UN-R 156から参照するガイドラインとして、 ISO/SAE21434があげられます。2021年8月よりISO(国際標準機関)とSAE(米国自動車業界)との合同規格として正式規格となった国際標準規格です。

ISO/SAE21434はあくまでも国際標準規格であるため、UN-R 155,UN-R 156のように準拠する義務はありませんが、CSMSを証明し、評価するための基礎として用いる事ができ、ISO/SAE21434に基づいてCSMSを導入することで適合しやすいものとなっています。

ISO/SAE 21434の構成

車載セキュリティサービスについて

UN-R 155/UN-R 156 、 ISO/SAE 21434に準じたセキュリティサービス

当社は、 UN-R 155 ( サイバーセキュリティ:CSMS)、 UN-R 156(ソフトウェアアップデート:SUMS)、 ISO/SAE21434に準じた、セキュリティサービスをご提供いたします。

サービス提供の流れ

車載機器(ECU,H/U,等)及び、
車載Ethernet等のセキュリティ診断サービス

・対象機器の仕様に沿ってセキュリティレベルを評価します。
・試験項目はお客様とのヒアリングの上、弊社セキュリティエンジニアがご提案させていただきます。

サービス価格

サービス価格はお打ち合わせ等でヒアリングをさせていただきながら、対象となる環境に合わせて御見積を算出してご提出いたします。

概算希望等についても、ご相談に応じて調整いたしますので、まずはお気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせについては、以下のリンク先からお願いいたします。