プレスリリース詳細

ビューローベリタスと業務提携により IoT技術適合認定サービスを開始予定

2019/09/04

セキュアイノベーション、ビューローベリタスと業務提携により IoT機器の電気通信事業法のセキュリティ基準における技術適合認定サービスを開始予定
 
 

 

 株式会社セキュアイノベーション(本社:沖縄県那覇市/代表取締役:栗田智明)は、ビューローベリタスジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役:佐々木泰介)と業務提携し、IoT機器の電気通信事業法のセキュリティ基準における技術適合認定サービス開始に向け準備中です。

 


2020年4月1日に施行予定である「端末設備等規則及び電気通信主任技術者規則の一部を改正する省令(平成31年総務省令第12号))」により、IoT機器の電気通信事業法認証取得に際し、セキュリティ基準要件が新たに追加されます。

【端末設備等規則(省令)の改正概要】
インターネットプロトコルを使用し、電気通信事業者のネットワークへ接続して、データの送受信に係る機能を操作することが可能な端末設備について、最低限のセキュリティ対策として、以下の機能を具備することが技術基準(端末設備等規則)に追加されました。
  1. アクセス制御機能
    例えばアクセス制限をかけてパスワード入力を求め、正しいパスワードの入力時のみ制限を解除する機能のこと
  2. 初期設定のパスワードの変更を促す等の機能
  3. ソフトウエアの更新機能
  または1~3と同等以上の機能

※PCやスマートフォン等、利用者が随時かつ容易に任意のソフトウエアを導入することが可能な機器については本セキュリティ対策の対象外となります。

詳細につきましては、下記のとおり開催する特別セミナーにて紹介します。


【「IoT機器セキュリティ技術適合認定サービス」開始記念特別セミナー】
2019年10月8日・11日の両日、「IoT機器セキュリティ技術適合認定サービス」開始を記念して、「IoT機器の電気通信事業法認証取得に関するセキュリティ基準」と題するセミナーを東京・名古屋で開催します。
詳細・お申し込みはウェブサイトにてご案内しております。

セミナー詳細URL:
https://service.bureauveritas.jp/Seminar-Training/course.php?type=1&cid=429

プログラム
  1. 基調講演
  2. IoT機器セキュリティ技術適合認定について
  3. IoT機器に求められる日本の電波法認証と各国電波法認証

東京会場
日 時:2019年10月8日(火) 13:00~17:00
場 所:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター Terrace Room
定 員:65名
 
名古屋会場
日 時:2019年10月11日(金) 13:00~17:00
場 所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
定 員:40名

【両組織の概要】
株式会社セキュアイノベーション
社名:株式会社セキュアイノベーション
設立:2015年10月21日
代表者の役職・氏名:代表取締役 栗田 智明
事業内容:セキュリティ機器・ソフトウエアの運用監視、セキュリティコンサルティング、セキュリティ診断、セキュリティ人材の派遣、システム・サイトの構築および開発、地域活性化プロジェクトの企画実施。
資本金:56百万円
拠点数:3拠点

ビューローベリタスジャパン株式会社
社名:ビューローベリタスジャパン株式会社
設立:2002年1月22日
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 佐々木 泰介
事業内容等:1828年設立、世界140カ国76,000人の従業員が、品質、健康・安全、環境及び社会的責任分野における適合性評価サービスを提供する、世界最大級の第三者民間監査・検査・認証機関ビューローベリタス(本社:フランス)の日本法人。日本電波法・電気通信事業法に関しては総務省の登録証明機関及び登録認定機関。(登録認定機関の区別:022)
資本金:351百万円
拠点数:21拠点


────────────────────────────────────
【サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社セキュアイノベーション  事業戦略部 宣伝広報チーム 担当:高良
〒900-0011 沖縄県那覇市上之屋1-18-36
TEL:098-943-2718
FAX:098-943-2719
E-mail:pr@secure-iv.com